仮想通貨のマイニング等に係る税金

仮想通貨のマイニング等

平成29年12月1日、国税庁から「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」というFAQが発表されました。
その中で「仮想通貨のマイニング等」についてのFAQがありました。
マイニング(採掘)による仮想通貨の取得は、事業所得又は雑所得になるようです。
マイナーはマイニングという行為に対し報酬を得ます。贈与ではありません。この見解は妥当でしょう。
その後、マイニングにより取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の取得費(必要経費)はマイニングにより仮想通貨を取得した時の時価になります。これも当然の見解でしょう。
それよりもなによりも、私が気になったのはマイニング等の”等”です。
これが何を想定しているのか。
例えばXEM(ゼム)のハーベスト。

まだはっきりとしたことは言えませんが、これも報酬の性質上、マイニング等の”等”に含まれていると私は思います。

NEM では、新しくブロックチェーンのブロックを生成すること(ビットコインでいうマイニングにあたる作業)を ハーベスティング といいます。 ハーベスティングするには最低でも10,000 XEM の既得バランス (vested balance) がアカウントにある必要があり,ハーベスティングに成功した場合、生成されたブロックに関わる手数料がハーベティングした人のアカウントに送られます。ネム公式(ハーベスティング)より

他にも、bitFlyerにログインした時のボーナス0.00002BTCの受け取り。 これも少額ですが、ログインという行為に対する報酬ですので、贈与ではなく雑所得にあたるのかなと私は思っています。

今後の国税庁の動向にも注目です。


この記事は平成30年1月現在の法令に基づき作成されています。

税理士法人絆 高木誠

関連記事

  1. 仮想通貨税務研究会とCryptoLinC(クリプトリンク)について

  2. 仮想通貨の利益が出たら予定納税は必要か?

  3. 仮想通貨税務研究会所属の税理士をご紹介

  4. 情報サイト「MAStand」でインタビュー記事が掲載されました。

  5. 仮想通貨の利益計算が間違っていたら~Guardianの事例から~

  6. XRPが再び高騰、納税資金の確保と法人化の検討

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。