遺留分を逃れるための家族信託は無効

遺留分を逃れるための家族信託は無効

司法書士の先生に教えてもらったのですが、昨年、東京地裁平成30年9月12日判決で気になるものがあります。

以下、日本法令の記事ページです。

信託の受益者は相続人3人で、それぞれ長男1/6、次男4/6、次女1/6の受益割合を設定します。
他にも次男と次女に死因贈与があったようです(判決分が長くて詳しくは見ていませんが…)
長男には遺留分相当の受益権が設定されていますが、信託財産となった不動産の中に換金性・収益性がないものがあり、その部分については信託契約が無効であるとされた例です。
家族信託の本来のメリットは遺留分逃れではないので、我々税理士の立場からも安易に依頼者本意のスキームを提案できませんね。


2019年4月現在法令等 

税理士法人絆 高木誠

関連記事

  1. 経営者限定!「経営者と家族を守る相続対策の手引き」

  2. 葬式が2回行われた場合の債務控除

  3. 遺言のすすめ~相続人以外の人に財産を渡したい場合~

  4. 相続税の計算体系

  5. 自社株の評価額、ご存知ですか?

  6. 経営者と家族を守る相続対策の手引き