ペイ・フォワード

『ペイ・フォワード』という映画をご存知でしょうか?
アメリカの11歳の少年が、「世界を変えるために何をするか?」という社会科の課題に
「何かいいことや親切をされたら、自分も誰か別の3人にしてあげる」 というアイデアを出しました。

つまり1対1の恩返しではなく、3人への恩送りをしていくルールを作ったのです。
やがて善意の輪ペイ・フォワードがアメリカ中に広がったというストーリーです。

目先のことだけでなく、子供が世の中のことを思い、その思いが、周りの人を動かします。
ひとりひとりの『人』が変われば、やがて『世界』も変えられるかもしれないという可能性。
そんなことを教えてもらった作品でした。
善意も悪意も知らず知らずのうちに近くの人に伝わっていきます。
だからこそ、できるかぎり自分自身は善意の輪を広げていきたいです。
今の時代だからこそ、ペイ・フォワードを考え、発信していきます。

大坂間美和

関連記事

  1. 『書に学ぶ』

  2. 仲間が増えました

  3. パソコン教室

  4. 習慣の棚卸

  5. 気づいたら即行動

  6. 閾値を超える

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。