自己投資

皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
桜が散って、花水木が街路を彩り、その下にはつつじが鮮やかな花を咲かせております。

今回のこの欄は『自己投資』です。
『自己投資』、読んで字のごとく、自分で自分に投資することです。
何を投資するか?小事務所では〝お金と時間〟、
投資する目的は利益を得る為ではなく、
自分の長い人生をより有意義に送る為、
職業を通して世の中に貢献する為、
と定義しています。
そこで自己投資に関する私のささやかな思い出を述べさせて頂きます。

1972年4月学校を卒業すると、父が経営する会社の顧問税理士をしておられた税理士事務所に就職させて頂きました。
しかし算盤はできない、一番大事な簿記も出来ない。
全くゼロの状態からのスタートでしたので、できることといえば電話に出ることと、先輩が作られた書類を手本として税務署提出用にカーボン紙を挟んで清書するくらいでした。
したがって世間相場並みの給与など夢のまた夢です。
しかしそのころから税理士になるための学習だけは始めていました。
通常は自宅学習が主でしたが、8月の試験日も近づく5月から7月までの3か月間、福岡の答練会に通いました。
その時の受講料、特急列車料金、昼食、夜食代合わせて1回9,000円、月に3回で27,000円、3か月で81,000円。
給与で賄える金額をはるかにオーバーしていたことだけは覚えていますが、妻がどうやって捻出していたか詳細は謎です。
往復3時間の汽車の旅も貴重な学習の時間でした。
通算7年間このような生活をしたお陰で試験に合格することもできましたし、自己投資の習慣も身に付けることができました。
懐かしくも有難くもある昔の貴重な思い出です。

初夏から夏へと季節が進みます。皆様のご健勝と事業のご繁栄を祈念申し上げます。


今月の一首 
『八甲田 山懐の 九十九(つづら)折り    バスより高き  雪の回廊』(1995年4月八甲田にて)

税理士法人クロジカ絆会計事務所
所長 隈部幸一

関連記事

  1. 百聞は一見に如かず 百見は一体験に如かず

  2. あけましておめでとうございます

  3. 人間関係の法則

  4. 人を叱るときの心得

  5. 習慣の棚卸

  6. 切磋琢磨

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。