令和4年4月1日より 成年年齢が18歳になります

相続税・贈与税への影響は下記のとおりです。

①相続税の未成年者控除の対象年齢の引き下げ
控除できる相続税額が改正前より2年分(20万円)少なくなります。

②相続時精算課税の対象年齢
受贈者の年齢要件が18歳(贈与の年の1月1日時点の年齢)へ引き下げられます。

③直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税率の特例の対象年齢
受贈者の年齢要件が18歳(贈与の年の1月1日時点の年齢)へ引き下げられます。

④特例事業承継税制の後継者年齢
後継者の年齢要件が18歳(贈与時の年齢)に引下げられます。

⑤遺産分割協議は18歳から当事者として参加できるようになります
上記の改正は、令和4年4月1日以後の相続、贈与について適用されます。

相続、贈与に関するご相談は、監査担当者又は当事務所までご相談下さい。

関連記事

  1. 一時払い終身保険を使った 相続税対策とは?!

  2. 特例承継計画の提出は令和5年3月31日までです

  3. 暦年贈与見直しか?!

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。