一時払い終身保険を使った 相続税対策とは?!

一時払い終身保険とは、
「最初に一括して保険料を支払うことにより、一生涯保障してくれる生命保険」のことをいいます。

生命保険の受取保険金も相続税の対象ですが、
「500万円×法定相続人の数」の非課税枠が設けられています。

例えば、
法定相続人が3人(A、B、C)の場合、3人合計で1,500万円が非課税になりますが、
生命保険金をAさん 900万、 
Bさん 700万、 
Cさん 400万を受け取った場合の
それぞれの生命保険の相続税評価額は以下のようになります。

A  900万-1,500万×900万/2,000万=225万

B  700万-1,500万×700万/2,000万=175万

C  400万-1,500万×400万/2,000万=100万

この保険は、節税の他に財産を遺したい人に渡せる効果があります。
注意点もございますので、ご興味のある方は、担当者へご相談ください。

事業承継委員会

関連記事

  1. 暦年贈与見直しか?!

  2. 令和4年4月1日より 成年年齢が18歳になります

  3. 特例承継計画の提出は令和5年3月31日までです

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

税理士をお探しの方、確定申告を依頼されたい方、相続でお悩みの方・・・
どんなお悩みでも、まずはお気軽にご相談下さい。